本文へスキップ

会社方針POLICY

会社方針

 船舶管理業における品質保証を至上命題として、”海上に於ける人命の安全”、”船舶の安全運航”、及び”海洋環境保護”の確保を計ると共に、信頼される船舶管理会社として、スリーゼロ(人命事故ゼロ、海難事故ゼロ、油濁事故ゼロ)を継続することとしております。

現況

  当社は、第一中央汽船株式会社の100%子会社として、内航船並びに外航セメント運搬船の船舶管理(安全運航/船員労務/保船管理)を主業務としており、
1958年の創立以来約60年の歴史をもっています。

また、2010年
10月にはグループの一体化を明確にするため第一船舶株式会社より第一中央船舶株式会社名に変更し、又2013年7月には業務を明確化するため第一中央船舶株式会社より現社名に変更しました。
内航部門は、船員約100名が所属し、太平洋セメント()/関西電力()/住友共同電力()を荷主とし、第一中央汽船()/()かんでんエンジニアリングを定期用船者とする、セメント運搬船、石灰石運搬船、石炭運搬船、石炭灰運搬船、の計5隻を管理しています。

特徴としては、全船が
3,00010,000DWTの大型船であり、セメント/石灰石/石炭運搬船は、SUL(セルフアンローダー)船と呼ばれ船上にコンピューター制御による荷役装置を搭載している特殊船であり、また2011年5月にはSES(スーパーエコシップ)によるセメント運搬船「北斗丸」が竣工いたしました。

外航部門は、セメント船
5,50020,000DWTの計5隻を管理しており、ベトナム人の船員が乗船していますが、当社の船員が内航船で培った海技能力を生かし、順次陸上勤務員として船舶管理業務に当たっております。

内航/外航船ともに運航者を通して上記荷主との長期用船契約の下に運航されており、今後のリプレースを含め、将来的に安定した経営環境を維持しており、2019年8月には8,500DWTのセメント運搬船が竣工いたします。


第一中央内航株式会社

〒550-0002
大阪市西区江戸掘1-3-3

TEL 06-6479-0365
FAX 06-6479-0369